退職代行サービス リ・ファイト

退職に関するお悩みは、退職代行サービスのリ・ファイトにお任せください!

ホーム ≫ お知らせ&ブログ ≫

お知らせ&ブログ
※お知らせ情報とともに、ブログ情報も掲載しております。

退職しない、出来ない、昇給額も低水準

タイトルのような記事を発見し、「確かにそうかも」と思い気になって見てしまいました。昔よりは、退職し転職したりする事が増えてきて、当たり前になりつつあると自己都合的にそう思ったりしていました。以前は、退職したり転職する事に後ろめたいような気持になる事もありましたが、最近ではキャリアップという良いフレーズもあり、一般的になってきたと思います。また、新型肺炎の影響が拡大するまでは、近年の少子高齢化も相まって慢性的な人で不足もあり、有効求人倍率を見ても売りて市場という状況だった事も転職しやすい環境にあったのかもしれません。勤続する事はとても大切な事で、長く勤めなければ見えてこない事もあると思いますが、記事にもあったように勤続年数を積み重ねたからと言って、格段の昇給があるとは限らない事も事実だと思います。そこでキャリアップのために転職する事は成長のためにもしょ重要な事だと思います。私自身転職を何度か経験しておりその経験から言わせていただくと、給与面だけを見ると転職して増える事もありましたが、減る事もありました。
ただ、減った時の事ですが、そこで辞める事も考えましたが、石の上にも3年の言葉を実践して辞めずに続けておりました。そうしていると給与も昇給していきまた手に職も付き結果論ですが、キャリアップのための転職としては良かった面もありました。
たまに考えるのですが、人生1度きりなので、やらずに後悔してウジウジ「あの時ああやっていたらなぁ」といつまでも言い続けるのであれば、後悔しないようにやってみようと思って行動するようにしています。すぐに実を結ぶ事の方が少ないとは思いますが、新たな環境に入ってみると、今まで関わらなかった人達との出会いもありますし、価値観や考え方の違う方と出会い接する事で、自分自身の幅が広がったりする事はよくある事だと思います。違う分野であっても過去の経験は絶対に無駄にはならないですし、経験が無駄にならないという事は新たな経験や価値観なども自分自身の成長においてとても有意義なスパイスだと思います。もちろん、目先のすぐに役に立つとは限りませんが、何年後かの自分への自己投資の一つかもしれません。

退職しない、できない日本「井の中の蛙」化で昇給額も低水準 ※IT Mediaビジネス ONLINE 参照
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-00000022-zdn_mkt-bus_all&p=2
2020年03月16日 14:27

ブラック企業で働く弊害2

このご時世ブラック企業働き、人それぞれ色んな事があると思います。私自身下記タイトルにもあるように手取りやサービス残業時間を以前働いていたケースで計算してみると同じくらいの条件だった事もあります。もちろん人それぞれの健康状態や精神状態によっても影響は違うと思います。私自身色んなブラック企業あると思いますが、この人手不足の時代に同様の経営を続けていても未来は明るいのかなと素朴な疑問を感じる事があります。
また、実際に働いているとその勤務状況が当然のように錯覚してしまう事がありますが、別の会社で働いているような友達などと話してみると自分の置かれている状況が異常だと感じるきっかけになるかもしれません。
転職する事は、決して悪い事ではないと思いますし、新たなチャレンジをする人を私自身は応援したいと思っていますので、悩まれている方や新たな事に挑戦される方々を少しながらも、手助けするきっかけになれれば幸いだと思っております。
そして、同時に厳しい環境で働く事は忍耐力等が身に付く事もありますが、何よりも心のゆとりや余裕がなくなると視野が狭くなりより精神的に参ってしまう事があるので、私の友達も同様の事がありましたが、良い仕事をするにも何をするにも心にゆとりを持って行う事が良い仕事にも繋がりますし、周囲にもよい影響を与えるのかなとも思います。

ブラック企業で身体を壊したエピソード「手取り13万円で自律神経失調症」「サビ残300時間で十二指腸潰瘍」 ※キャリコネニュース参照
https://article.yahoo.co.jp/detail/d0896f201f41a7f40e75e0254795808f405f8cec
2020年03月06日 18:40

「3年後は今の会社で働いていない」と若手社員が考える時代

昔は、終身雇用が多数ありましたが、現在では入社して間もない若手社員であっても、早々に転職を視野に入れている社員が多い事がスタンダードになってきているのだと感じる記事を目にしました。石の上にも3年という言葉があるように3年という事を目安にしやすい事もあり一つの基準になっているのかもしれません。ある程度働いてみないと分からなかったり、感じたり出来ない事もあると思いますが、新たに転職しチャレンジする事は大変な事ではありますがとても素敵な事だとも思います。継続して働く事も凄く大切で忍耐力も必要な事だとも思いますが、新たにゼロからスタートする事も凄い事だと思います。勤続年数が短くても全然違う分野に転職したとしてもどこかで以前働いていた経験は、働いていなかったよりも少なからず役に立つ事は間違いないと思います。
退職し転職する事は逃げたように捉える方もいるかと思いますが、何事もするからにはポジティブに捉えいつまでもチャレンジ精神を持って取り組むことはとても大変で、素敵で、大切な事だと、実体験からも思います。そんな事からもそんな人生の第一歩を踏み出す方の少しでも力になりお役に立てる事が、個人的にもとても嬉しく思います。

「3年後は今の会社で働いていない」若手社員は47% 年収別にみてみると… ※参照ITmadia ビジネスオンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-00000075-zdn_mkt-bus_all
2020年02月19日 16:36

ブラック企業から抜け出す方法!?

私自身もブラック企業での勤務経験からも思う事ですが、入社当時はブラック企業と言われる会社で言われる事や慣習や習慣といったものに違和感を感じたり、おかしいと思えると思います。しかし、そのおかしいという感覚もその会社で勤務し続ける中で違和感なども普通に思えてきてしまう事があります。それが、新卒で他の会社を知らず入社した方は特にだと思いますが、社会とはそれが当然と思ってしまう事は、ある種とても怖い事だと思います。その会社を退職し転職先等で今までの会社がおかしかった事を再認識したりする事があったり、転職先の同僚からそれはおかしいと言われ思い知る事もあるかと思います。所謂洗脳かどうかは分かりませんが、感覚がその会社の感覚に染まっているのかもしれませんね。そこで、その会社を辞めようと考えた時に、ある種の恐怖で支配されてる会社の場合は特に辞める時に辞めると言えば何されるかどんな事言われるかと委縮してしまう場合もあると思います。そこで葛藤し、悩み、精神的に鬱や適応障害といった病にかかる人も見てきた経験からも、友人などに相談できる人がいるかいないかはとても重要なファクターであると思いました。そんな時に相談する相手がいないとより一人で悩み考え負のループに落ちてしまう人をも見てきました。そんな方々に、退職するしないは置いておいても気軽に相談できる場所があればと思いこの会社を始めた要因の1つでもあるので、そんな境遇におられる方がおられましたら、少しの勇気が必要かもしれませんが、お気軽にメール・LINEからご相談下さい。何気ない事でも話せば気が楽になる事もあると思うので、一緒に考えられたらと思っております。

「社畜はつらいよ」入社した企業がブラック?!洗脳される前に抜け出す方法 ※LIMO LIFE&MONEY 参照
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-00015588-toushin-life
2020年02月13日 14:52

今の20代の退職理由について

昔は、終身雇用という言葉もありましたが、退職するという事に対して、ネガティブだったり後ろめたいような感覚があった事もあるかもしれませんが、最近読んだ記事にもありましたが最近はそういう事も無い時代になったんだと思うような記事がありました。
私自身、自分のやりたい事のためやキャリアアップのために退職し転職してきたので、自分のやりたい仕事、雇用条件、職場環境やキャリアアップのために退職し転職する事には賛成だと思っております。ただ、1つの会社で継続して働く事もとても凄い事で私的には尊敬できる素晴らしい事だとも思っています。ただ、そのために無理をして自分をダメにしてまで辞めずに働く必要はないと思っています。もちろん、我慢して働く事で忍耐力も付きますし、耐えて継続して働いたからこそ味わえる事や見えてくる景色もあるとも思っています。人それぞれなので一概にこれが正しいそれが正しいという事はないと思いますし、人それぞれに合った仕事や働き方を目指し、その人らしい働き方や生活が出来れがそれが一番素敵な事だと思っています。

20代の退職理由、最多は、「仕事が自分に合わなかった」ほかに「キャリアアップができない」「労働時間が長い」など キャリコネニュース参照
https://article.yahoo.co.jp/detail/2ade860e5decb2571aec2a2e16243f2cec77b2d8
2020年02月10日 17:06

上司として向いている人・向いてない人

駅や交差点で人にぶつかるような人が「部下育成」に向いていないという記事を目にしました。このタイトルだけを見て視野が狭いという事を意味してるのかと一瞬思いました。実際記事を読んでみるとどういう意味か書いてありましたが、確かに普段の生活の中にも上司としてとかの能力に繋がる事は色々あるのかもしれませんね。ただ、部下は、自分の上司を選択できる機会は少ないので、過去の記事にもありましたが、どんな方と出会い仕事をする事になるかという事は今後の人生にも少なからず影響する事だと思うので、上司となる方もそうでない方も人に恵まれるという事はとても大切な事だと思いました。

駅や交差点で人にぶつかるような人が「部下育成」に向いていない理由
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200129-00010006-newsweek-bus_all
2020年02月09日 17:36

ブラック企業で働く弊害

私自身も世間一般にいうブラック企業で働いた経験があります。また、ブラック企業でなくても職場の人間関係により、精神的に病んで休職したり退職した知り合いが居ます。私自身は、修行だと思いブラック企業で朝から夜中まで残業代は1円もない状況で勤務しておりましたが、実際にその会社では社員の1年未満での離職率は、新卒既卒等問わずに9割以上という状態でした。知り合いに至っては、世間的に認知されている会社で働いていて、元々社交的で物事に積極的なタイプの知り合いでしたが、職場の人間関係から仕事に行きたくなくなり、夜は寝る事が出来ないような状態になり、そのような状況で相談されました。とりあえず、話を一通り聞いた上で、病院に行く事を進めました。そこで、診断された結果ある病名を言われておりましたが、その事を聞いて仕事を無理に続けなくてもとりあえず、診断書を会社に出して病気が治るまで休職してから今後を考えるのもいいんじゃないかとアドバイスしました。その後、友達はその会社をすぐに退職しましたが、退職して少しすると、会って話していても様子が以前とは全く違っており、元のように明るく元気な感じに戻っていたので、私自身も安心しました。知り合いの場合は、すぐに辞めるという決断をしましたが、そのまま勤務し続けてもっと重度の状態にならなかった事は、結果論かもしれませんが、とても良くスピーディな決断でしたが、良かったと思てます。知り合い自身は、相当に辛い状態だったみたいで、その時に色々話を聞いて貰えて、それだけでも凄く気持ちが楽になり、気持ちにゆとりが出来たと言っておりました。ちなみに、病院にはその相談を聞いて気持ちが少し楽になった時にすぐ行っていました。私自身そういう経緯からもこのサービスを立ち上げた一因にもなりました。個人的には、仕事はとても大切だし生きていく上で必要な事だと思いますが、そのために悩み苦しむ必要はないですし、命を懸けるほどでもないと思っております。なので、たかが仕事ですけど、されど仕事と思いますけども、仕事は1つではないので、長く継続して働く事はとても素晴らしい事ですが、退職し新たな環境にチャレンジする事もとても素晴らしい事で、違った視点で物事が見れるようになり視野が広がる事になるかもしれません。

「ブラック企業、辞めました」奪われた”人生”は取り戻すことができるのか 参照NPO法人POSSE
https://news.yahoo.co.jp/byline/konnoharuki/20200129-00160132/
 
2020年01月30日 13:19

ホワイト企業で働いてみて

私も所謂ブラック企業と言われる所や、昔ながらの体質の超体育会系の組織で働いていた事がありました。そして、記事同様に転職してブラック企業の方に変わったときですが、当初受け答えなどについてブラックな企業の人ですらビックリしてた事を思い出して、こういった事はあるあるなんだなと思いました。私自身この退職代行サービスの会社では、自分自身の過去の経験からも自分が雇う立場になってみて思っている事として、自分自身が責任ある立場として、絶対に綺麗事でなく所謂ブラックと言われるような事は絶対にしたくないですし、そんな事をしていてもそんな会社のために働こうと思う人はいないと、私は思っております。ですから、微力ながらも働きやすくこの会社で働いていて良かったと思って貰えるような組織に出来るようにしたいと思っております。
無駄な残業もないようにし、休みや有休についても変に気を遣うことなく出来るように、私自身も心掛けております。このブログ欄では、日頃目にした記事や身近であった出来事を主観ではありますが、ゆるく書く事が出来たらと思っております。ご覧になられましたら、、突っ込みながらでも、気軽な気持ちでお付き合い出来たら有難いと思っております。
 

「こんなに早く帰っていいの⁉」ホワイト企業に転職して驚いたこと「休日が多くて何をしていいかわからない」という人も
※キャリコネニュース参照
https://article.yahoo.co.jp/detail/8658d41edd090f4d90d439f168c69f89a2861057
2020年01月28日 18:02

理想の上司1位は? 上司によってその先は変わる!?

毎年のように理想の上司ランキングという記事を目にする事があると思います。自分の上司と比較してみたりするかもしれませんが、実際に自分の上司もどんな人かによって、仕事のしやすさや、自分自身がより良く成長するか、楽しく仕事が出来るか、仕事や職場に行くのが嫌になったりと何だかんだ言っても少しながらは自分の上司によって自分自身にも影響があるのも事実だと思います。実際に私も20代前半の頃のある直属の上司は、逃げの仕事をする人で、楽な仕事は進んで行い、嫌な仕事は明らかに逃げる傾向がありました。でも、私には偉そうに指示したりしてました。そして、ある事があってから1日の仕事中の8割くらいを私に対して嫌味を言ったり説教をするようになり、さすがに私も嫌になった事がありました。ただ、もっと上の上司からはその上司とはどうかなど気にかけて貰ってましたが、私自身は直属の上司の事は1度も悪いように言った事はありませんでした。でも、上の上司は、その上司の事は元々そういう人だと知っていたようで、後日係を変えて頂いたりしてました。その後、私の後輩が入ってきても、その後輩や私の先輩などに対して、私の事を「アイツはダメだ」というような愚痴を永遠と同じ事を言い続けてたと、先輩や後輩と飲みに行ったりする時によく「アイツ(元直属の上司)、またお前の事同じ事ばっかり愚痴ってるぞ!どうにかしろよー!」と言った感じで言われていた事を思い出します。
こういった事に限らずですが、やはりどんな上司になるかによって、その会社や組織でいるうちは自分自身にとても良くも悪くも影響を受けることだと思いながら、そんな記事を読んでいました。

理想の上司1位は? 男女ともに4年連続トップ 参照ITmedia ビジネスオンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-00000029-zdn_mkt-bus_all
2020年01月27日 13:31

前職の経験は、無駄ではなく転職でも活きる

私自身、飲食業の経験もあるのである記事を見ていて納得のいく部分もあるなと思いました。料理人と言っても単に調理だけをする所もあれば、調理もしつつ接客やサービスすべてを行う所もあると思いますが、営業時間帯はとても忙しく、また単に自分の仕事だけをしておけばいい人もいれば、現在進行形で全体の流れを把握しつつ、お客様の反応も終始見て感じ取りながらしなければならないポジションやそういう業態の飲食店もあるので、その場で仕事をしている際は特に自覚はないかもしれませんが、違う環境に行った際に身に付いていた技術として、視野が広くなったり全体を見通しながら仕事を進める能力がついている事もあると思います。ここからは推測なので間違った想像でしたら申し訳ありませんが、料理人という夢を持ち調理学校などに行ってまで実現した料理人の道ですら、実体験からも雇用条件は良くはないものなので、夢であったであろう料理人の道をわずか数年で諦め飲食店を退職し、新たな小売店へと転職されたのかと思いました。実際に私が働いていた時も、料理人を志し調理学校を卒業し新卒入社した人も1年余りで別の業種に転職した事もありましたので、私も同様ですが、一度決めた道であっても退職し転職し新たにチャレンジする事は、大変ではありますがとても有意義な事だとも思っているので、そういった方の手助けが少しでもできればと思って今の仕事を始めた経緯の一つでもあります。

勝負は訪問前から! トップ営業は元「料理人」、磨いた観察眼でニーズ見極め ※日経産業新聞2020年1月7日参照
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200125-00010003-nikkeisty-bus_all
2020年01月25日 14:47
リ・ファイト
〒604-8211
京都市中京区玉蔵町129-1
電話
075-777-4394
営業時間
9:00〜18:00
定休日
年中無休
※臨時でお休みをいただく場合がございます。
事務所概要

モバイルサイト

リ・ファイトスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら